IPTP Networks / メイン / Jumbo IXインターネット交換センター

Jumbo IXインターネット交換センター

JumboIXの目標は、従来のインターネット交換センターとIPTPバックボーンのための補完的なプラットフォームになることです。 IPTPネットワークチームは、将来的には、顧客がJumbo IXを介して世界中のすべてのインターネット交換センターに接続できると確信しています。
この最新のプラットフォームは、世界中の複数の場所でトライアルモードで利用できるようになったので、すぐにJumboでビジネスプラットフォームを実行してみてください。

JumboIXは、ジャンボフレーム(最大9000バイトMTU)、ハイブリッドL2 / L3ネットワークトポロジを使用して、グローバルな公衆インターネット交換センターサービスを提供します。 2つの場所でジャンボフレーム機能を備えた同じプロバイダーを使用すると、地理的に離れた場所間での大量のデータ転送で、より高いデータ速度を簡単に得ることができます。

IPTPプログラムは、現在のすべてのお客様にJumboIX 10GポートネイティブL2機能の無料メンテナンスを提供するだけでなく、L3機能および他のオプションを介してリモートJumboIXロケーションを通じてトラフィックを交換するためのさまざまな方法も提供します。あなたがジャンボIXだけを使用したいならば、IPTPは地元のインターネット交換で割引価格を始めることを計画します。ジャンボフレームは、従来のイーサネットMTUに比べて多くの利点があります。

メリット:
  • ネットワーク経由で送信されるフレーム数を減らしました。
  • フレーム数が少ないため、イーサネットフレームヘッダーの数が少なくなります。
  • フレーム数を減らすと、必要なフレームヘッダーの同期が減ります。
  • 構築して読み取る必要があるヘッダーが少ないため、送信側と受信側のCPUサイクルが短くなります。
  • フレームヘッダーが削減されているため、従来の方法と同じネットワーク帯域幅は必要ありません。より詳細な説明は以下の通りです。
  • つの1.5kジャンボフレームを6つの1.5k標準フレームに置き換え、最終的に5フレーム削減し、エンドツーエンドの消費でCPUサイクルを削減
  • ギガビットイーサネットパイプを満たすには、1秒間に80,000を超える標準イーサネットフレームが必要です。これは、多くのCPUサイクルとオーバーヘッドを消費します。 9kジャンボフレームを使用して同じデータを送信すると、わずか14000フレームを生成するだけで済み、ヘッダーバイト数を減らすと4Mbpsの帯域幅を解放できます。
  • CPUサイクルと帯域幅を節約すると、ネットワークパフォーマンスが大幅に向上します。
  • ネットワーク上の各データユニットは送信者が組み立てる必要があり、そのヘッダは送信者と受信者の間のネットワークコンポーネントによって読み取られる必要があります。その後、受信側はデータを処理する前にフレームとTCP / IPフレームヘッダーを読み取ります。このアクティビティは、送信側から受信側へのCPUサイクルと帯域幅を消費するために、フレームとパケットに追加されたヘッダーに追加されます。
Jumboixに参加するには?

JumboIXはIPTP Networksが運営しています。JumboIXはトランジットプロバイダーではありません。レイヤ2の決済を必要としないグローバルインターネットエクスチェンジポイントです。
世界中の複数の場所で利用できます。場所: JumboIX ペルー, JumboIX キプロス.

JumboIXに参加するためには、参加者は以下の条件を満たし、以下のポリシーとガイドラインに同意する必要があります:

– 参加者は、JumboIX施設とは独立したプライマリグローバルインターネット接続を 参加者はJumboIXの設備とは独立した一次グローバルインターネット接続を持っていること。

– 参加者は、JumboIXが設置したルートサーバーとルーティングテーブルの交換(またはピア)が可能であること。JumboIXが設置したルートサーバーとBGP4(Border Gateway Protocol version
4(BGP4)を使用して、JumboIXが設置したルートサーバーと経路表を交換(またはピア)できること。

– 参加者が自給自足できること。例えば、参加者は以下のものを持っている必要があります:プライマリDNS、電子メール、WWW、ニュースの各サーバーを持つこと。

– JumboIXへのデータリンクは参加者が用意しなければならない。